2016年12月24日

ヒト胚をペトリ皿で2週間培養!?#BreakthroughOfTheYear

ヒト胚の培養ですが、もうそこまで来てるんかい、という話ですな。
人工子宮への道は少しずつ近づいているのではないかと思います。

もっとも完全人工子宮っていうのは正直なところ、反対は大きいと
思うんですよね。
むろんそれで子供も生まれてくる可能性は高いですけど、何が起こるか
わからないのもあるし、生まれてきた子供に障害があるかもしれない。

一番大きいのは、「不具合のある胚を排除しない」せいで問題が起きる
可能性です。自然だと不具合のある胚はかなり高頻度で排除されます。
しかしながら、人為的な操作で胚を維持しようとした場合、排除する
メカニズムがないわけで…

うーん…
posted by とくがわ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超小型次世代シーケンサーって読む速度も速いの?#BreakthroughOfTheYear

ナノポアタイプの次世代シーケンサがそろそろ市場に参入する感じか。
ここまでIllumina社の次世代シーケンサーが圧倒してきた市場なのですが、
ナノポアタイプの製造コストやランニングコスト次第ではIlluminaの
天下に風穴があく…可能性もなくはないような。

もっとも、用途が違うといえばそれまでで、HiSeqXのようなくっそ大量データ
処理できるものってそう多くはないと思います。
(中国や韓国にはHiSeqXごろごろしてるらしい。いいなぁ僕もほしいなぁ。
 なお10台セットで10億円…)

Oxford Nanopore Technology社が売り出してるってんですが、どうだろう、
さすがに自分で買って使うレベルにはまだならないよなきっと。
posted by とくがわ at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重力波を検出した!しかし…重力自体存在しない?#BreakthroughOfTheYear

メリークリスマース!!!

っていってはいけないという話もありますが…そもそも日本人クリスチャンですら
ねぇしもうどうなってるんだよジャパニーズ。
ポリティカルコレクトネスにも宗教にもケンカを売るスタイル、ロックだぜ。

今年も連続更新したいと思います。さらに別のところで企画もします。
時間がある方は是非ご覧ください。

さて、今年もBreaktrough of the yearについてつらつらと書いていきます。

今年はやっぱり重力波ですね。
理論的にはわかってはいたと思うんで、あとは金とやる気があるかっていう身も蓋も
ない話になっちゃったんですよね。
で、結局今カネがあったアメリカがWinner。こんなんばっかりや。

カリフォルニア大、マサチューセッツ大らの合同チームが発表したのは今年2月。
重力波観測機器、規模がすさまじく大きいからカネも半端なくかかる。
…日本のカグヤの観測は結局間に合わなかった。残念。

もっとも今回の観測、ブラックホールの衝突の衝撃波を観測したという話で、
おそらく観測史上最大質量のブラックホールなのではないだろうか。
新しい技術が使い物になるかもしれないってのはわくわくするね。

…のだけれど、あれなんですよ。
重力って存在しないんじゃないかって意見があるらしい。
ヴァーリンデ教授というオランダの物理学者が、ダークマターの存在を
もとにする重力理論ではなく、ダークマターなしで構築する重力理論を
組み立てている。

確かにダークマターという見つからないしよくわからないもの無視で
重力理論ができるんならそれでもいいのかもしれない。
そううまくいくかどうかは知らない



posted by とくがわ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする