2016年12月25日

たんぱく質を捻じ曲げろ!#BreakthroughOfTheYear

今やDNAを作るのは簡単ではあるのだけれど、そこから
たんぱく質を作ってさらに立体構造をつくるというのは
非常に大変だったりする。

生物ならシャペロンなどをもちいて立体構造を作るのだけれど、
どうやってそれを作るんだって話で、なかなかハードルが高かった。

バイオインフォマティクスの進歩で立体構造の予測が正確に
できるようになった結果、目的のたんぱく質を作れるようになり、
例えば万能型インフルエンザワクチンの開発が行えるという。

バイオセンサーや環境問題にも使えるようなのだ。
生命が作っているたんぱく質以上の種類のたんぱく質が作れるという
可能性が生まれてきた。
posted by とくがわ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

70000年前に人類は(ほぼ)滅亡していた!#BreakthroughOfTheYear

    ,ィィr--  ..__、j
   ル! {       `ヽ,       ∧
  N { l `    ,、   i _|\/ ∨ ∨
  ゝヽ   _,,ィjjハ、   | \
  `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ   > 70000年前のイエローストーンの火山噴火によって
     {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ∠  人類は(ほぼ)滅亡していたんだよ!!!
    '、 `,-_-ュ  u /|   ∠
      ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
--─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__   `´

というのが結構証拠としていろいろ残っているんだよな。
例えば人間の体毛が極端に減ったのはなぜか。
衣服をまとうようになったのはなぜか?

それらはすべて70000年前のイエローストーン国立公園付近の
火山噴火で引き起こされていたのだ。

極端な寒冷化に伴い、人類は服をまとったと考えられる。
その際にどうも毛じらみの種類なども変わっている模様なのだ。

で、現生人類はこの70000年前のアフリカからの民族移動により
世界に拡散しているのだけれど、どうもアボリジニなどでは
もっと古い時期の民族移動由来かもしれないとのこと。

しかし、また噴火したらいやだなぁ。
結構シャレになってないんだよな。
posted by とくがわ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心を読めるサル #BreakthroughOfTheYear

おっかないはなしなんだけど、ある種の学習障害がある人よりも
オランウータンなどのほうが部分的な知的能力が上かもしれない…

サリーとアンの実験という実験を知っているだろうか?

サリーとアンの二人がいる。
サリーが自分のおはじきをかごに入れてから部屋を出て行った。
部屋に残っていたアンが、サリーのかごからおはじきを取り出し、
自分の箱に隠す。

「サリーはまずどこをさがすでしょう?」

自閉症児の場合、90%が「アンの箱」を探すと答える。
(むろん正解はサリーのかご)

で、類人猿。サリーがどこを探すかを理解していた。
…共感性などがあるということである。
posted by とくがわ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする