2014年11月02日

禁断の社会化学反応 マッドと社会の不協和音 10−5

世界を救うなどと大それたことはとてもじゃないが言えない。
しかしながら、ちょっとでも世の中を良くするにはどうするべきかの
意見というのは自分の中にいくつかあることが分かった。

究極的にはどうすればいいのか。
はっきりいってこれまで列挙してきた意見、実のところ実現可能とは
いえるものばかりではない。
むしろ技術的、社会的、倫理的な面で無理なものを列挙してみたつもりだ。

なぜそのようなことをしたかというと、無理な方法で強引に社会問題に
アプローチすることで、これまでにない方法を自分が、そしてこの
一連の連載を読んだ誰かが、気づいてくれるきっかけになればという
思いからである。

行き詰ってるなら針でつついて穴開ければどうなるだろう、という一種の
思考実験で、自分やほかの誰かの思考に穴をあけれれば幸いである。
なるべく多くの人に触れてほしい部分と、それで自分がちょっとでも幸せに
なればなぁという部分が自分の中で交錯している。

では具体的にどうすればいいのか。
考え続けることだ。
そして考えになるべく制限を設けないことが大事なんじゃないだろうか。
思考を制限した時点で、その先の道はなくなるのだから。

とはいえ人間に与えられた時間はあまりに短い。
一人の人間はどこかで選択をしなければいけない。
しかし、一人の人間でなければどうだろうか。

誰かの思いが、考えが、誰かに伝わる。
そうすることでその思いや考えは引き継がれていく。
未来への可能性は、そこでつながっていくと思う。

だからこそ個人単位では、思考を制限するような障害はなるべく除かれるのが
望ましいと思うのだ。
特定の思考に凝り固まった組織や集団は、いずれ衰退し滅ぶと思う。

人類という集団は衰退し滅ぶのか。
どのような思考であれ制限されず、伝えていけるのであれば、人類が衰退し
滅ぶということはないのではないだろうか。
思考の多様性の維持、それこそが人類の未来に通じる道だと、私は信じる。
posted by とくがわ at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッド社会派サイエンティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

禁断の社会化学反応 マッドと社会の不協和音 10−4

世の中にはいかがわしいもの、グレーゾーンっていうものが多々ある。
このシリーズでも挙げた常温核融合などもそうだし、グレーどころか
真黒なものだって多い。

グレーなものはともかく、真黒なものなのに騙される人がいるような
ものはどうしたらいいのだろうか。
代表的なものとしては永久機関などが挙げられるだろうか。

明らかにクロなものは自然淘汰されてほしいものなのだけれども、なかなかされない。
これが何故かというとだ、結局人間信じたいものしか信じないという
悲しい性をもっているので、ここに人によっては難解すぎて理解できない
理屈の存在や、間違った理屈に対する盲信が産まれる。

…義務教育じゃねぇから見捨てるしかないんだろうけどさ。
身も蓋もないことを言うと、その盲信しているもの試してみりゃいいんじゃ
ないかと思うわけだ。
試せる場所作って思う存分そこで試してみろよと。
んで思う存分失敗してみたらひょっとしたらうまくいくものもあるんじゃないか。
99%…いや99.99%うまくいかないものしか出てこないだろうけど、
ひょっとしたらこれまでの理屈じゃ説明できないものとか出てくるかもしれない。

そういうマッドサイエンティスト特区作って頭のアレな人を隔離…もとい
思う存分自由にやってもらうというのはいかがだろうか。
もちろん、場所は提供するけど資金の調達とかは自分でやってもらうって
レベルにしないといけないとは思うんだが。

マッドサイエンティスト特区には詐欺師はやってこないと思う。
詐欺師にとっちゃ頭のおかしな人と思われるのはきついからな。

頭のおかしな研究ってなにも素人の理屈のわかっていない人だけが
やってるわけじゃない。
三菱重工の元素転換とかよくやるよと言いたくなるレベルだ。
常温核融合とかなり近い領域だと言えるから、そりゃ普通に考えたら
ありえないだろと思うのだけれど。

マッドサイエンティスト特区の第一区画には企業とか大学のぎりぎりな
研究を中心に入れて、端っこに行けばいくほど現時点で理屈に合わない
研究って判定で。
でもひょっとしたらひょっとするかもしれないんでな。

そういうオルタナティブサイエンスを否定するよりは、思う存分やって
やっぱり駄目だったと明るく気づいてもらう(もしくは死ぬまで気づかない
かもしれないけどそれはそれで)ってのもいいのかもしれない。

さすがに一緒にされたらアレかもしれないが、故笹井芳樹CDB副センター長が
ポートアイランドに建設しようとしていた再生医療都市ってかなりそれに近い
スメルを感じるんだよな。
うっさんくさい企業とかも存在する点も含めて。
…うっさんくさいの中に自分たちが入ってしまうあたりがまた似てるというか…

ただ、マッドサイエンティスト特区の中でうまくいってしまったものが出たら、
莫大な金生み出すことになるのでいろいろ面倒なことになると思う。
うまくいったら特区から出て行ってもらうしかないな。
…もうやだこの特区。

世界を救うようなとんでもないものがここから出てくるといいなぁと思う一方
マッドサイエンティストに救われるような世界はもう滅んじまえと少しだけ
心のどこかで思う。

続きを読む
posted by とくがわ at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッド社会派サイエンティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

禁断の社会化学反応 マッドと社会の不協和音 10−3

日本や世界の問題を解決する方法は、様々な人が提言しているのだが
実現できないのは何が問題なのだろうか。

一番大きいのはコンセンサス…同意が得られていないことだと思う。
そもそも日本や世界ってヤバいのか?というレベルだったりしねぇか?

科学技術の進歩が環境に与える影響の大きさとか、科学者ですら
正確に把握できてないんだから一般人である自分たちにはまるで
わかんねぇと言わざるをえない。…一般人なんだよ!

わからないものには対処の仕様がないわな。
わかってしまえば対処の必要がなかったり放置したりすればいい
ものもあるだろう。

皆がわかるためには調べるのが得意な人が調べつつ、それ以外の
一般人は調べた成果に興味を持つことが重要なのだろう。
それが難しい。

なにせ研究やら調査やらというのは小難しい表現多用されているし
(といっても研究やる人間の間ではふさわしい表現といえるのだが)
ちょっと興味を持ったからといって簡単に理解できるものでもない。

…そこにろくでもない奴がまぎれこむことがある。
本来の意味するところとはまるで別の意味を紛れ込ませて騙そうとする奴、
わからないということを利用して騙そうとする奴ももちろん厄介だ。

ネットが誰でも使えるようになって本当に厄介だと思うのが、一言で
言うなら半可通というところか。
声の大きな馬鹿というのは結構しゃれにならない。

いや、自分も馬鹿だという自覚はあるのだけども。
だがそんなに大声で怒鳴り散らしてることはないと思うので、迷惑は
かけていないと思う。

声の大きな馬鹿のせいで有用な議論がつぶされるなんてことは
よくあるわけで、ネットで議論するに当たっては、議論の内容は
基本的には誰でも見られるけど、特に重要なものに関しては
議論に参加するのは選ばれた人でないといけないのではない
だろうか。
誰が選ぶんだって話もあるんだけれども。

やっぱり100人いて99人が問題だと思う人間は、議論に参加させたら
確実に混乱するのが目に見えてるわけで、集合知には除外も
やっぱり必要なのだろう。
除外といっても状況に応じて対応していけばいいだろうし。
(もっとも言論テロリズムみたいなことやらかす奴は論外だけど)

そういうわけわからん奴(自分含む?)がこれだけのさばっているのは
「口じゃどうとでもいえる」
というソクラテス以来の人間の業が原因なのではないだろうか。

しかも誰でも簡単に言えるようになった。
いったことができるのか、いったことに責任持てるのか、いったことが
やれるかどうか試したのか?

「じゃあおまえやってみろよ」というのは場合によっては必要だと思う。
やってみて後悔するのはたぶんやった奴だと思うけど。

…そういうことできる場所も金もない?
だったらどうやったら作れるか考えてみてはどうだろう。

次回、究極の特区構想について。
posted by とくがわ at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッド社会派サイエンティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする