2016年08月07日

シン・ゴジラ生物学序説 -生物は放射線を扱えるか-

​シン・ゴジラ遅ばせながら拝見させていただきました。…クッソ面白いです。個人的には第1作には及ばないものの、かなり熱いし面白い出来だと思うんでオススメですよ!
さてネタバレとかは避けたいところですし、あちこちでネタバレや感想も出てるんでそーいったことは敢えて全く書きません。
じゃあ何書くんだよおめぇはよ!って言われそうなんで、敢えて書きたいことが一つ。

​生物は放射性物質で生命活動できるのか?​​

確かに熱水鉱床に住むハオリムシのような生物は存在します。熱水から湧き上がる各種の有機物を餌に、すくすくと育つわけです。
放射性物質からも熱を発生させることは可能ですが、熱水鉱床みたいな環境となるとは言えません…
もっとも有機物が蓄積されている環境に熱源としての放射性物質が存在するなら、そこに生物がいつくことは十分ありえそうです。

…あくまで間接的やな。

基本的に生物っていう括りであり、細胞で構成されている生物である以上有機物の存在は必須であると言わざるをえません。
それはどれだけ極限環境で生存する生物であっても変わりはありません。つっても海底には、十二分な有機物や生存に必要な元素が蓄積されまくってるんですがね。
火山などが新た噴火する際、海中に有機物や微量元素が再度還元されることで微生物が増え、その微生物を餌に大型生物も増える。
海中に有機物と熱源…放射性物質が存在することで、生物が繁殖できる環境が実現できる…まぁ理論上では、でありますが。

有機物まで作り出す…恒星や宇宙空間ではあり得ることではあるのですが…放射性物質から有機物を作るよりは地球上には大量の有機物が蓄積されているので、それを使った方がいいです。
ゴジラVSビオランテの抗核バクテリアしかり…有機物は環境中にあんだからそれ使えや、と言いたくなるような…

放射性物質だけでは生物は生きてはいけません。
また、利用するにしてもすでに発生している熱源を利用するにとどまるでしょう。

…本当に?
熱源を作り出すために放射性物質を集め、集めた放射性物質を臨界に持っていく、なんて生物が出現する可能性…
いや、いるではありませんか。放射性物質をわざわざ集め、わざわざ分別して反応しやすく加工し、壁を作って利用する生物が…
…人間ってやつが。

人間にできること、やることを他の生物がやれない?それは人間の思い上がりか、それとも「その程度の低レベルなことをわざわざしない」か…
もっとも有機物と遺伝子からだけなる生物、以外の存在の生物って形があるなら、そういった生物が放射性物質を利用する可能性も否定はしません。
…もっともそのような別種の形態の存在を生命と呼ぶかは疑問ではありますが。
いや、人工生命だって考えようによっては生命と言えなくもない位なので、生物でなくても生命という存在だってあり得るかもしれない。

…20年前、そういうアニメがあったなあ…その時の監督、なんて言ったっけ、確かあn

posted by とくがわ at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | まだ見ぬ敵をぶっ飛ばせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

今年も奴の侵攻を防げなかった… 防げなかった…

今年も世界に奴が降臨した…もう駄目だ…侵攻を防げない…

posted by とくがわ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | まだ見ぬ敵をぶっ飛ばせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

アメリカ人よ!倒すべき敵は他にもいるぞ!!日本の乗用ロボまとめ

世界初の本格乗用ロボット、クラタスを倒す!
…とMegabotの人ら言ってるんですけど…ちょっと待ってほしい。
お前ロボット大国を名乗ってるんだぞこの国。

そう、クラタスは確かにいいロボットだし目標にするのもいいだろう。
それは認める。すごく認める。
だがしかし、クラタス以外にも参戦させた方がいい企業が最低でも
日本には3社くらいあるんだが。

もうみんな忘れているかもしれないが、登場したときはどれも
かなりインパクトあったと思う。
そんなわけで、ロボット馬鹿アメリカ人に挑戦状を送らせる仕事を
増やそうと思う。
各企業の皆様には迷惑にならなければいいが、みんなロボットは大好物だから大丈夫だと思う。
…多分。

1.榊原機械 LAND WALKER



公開年度は2005年とクラタスよりも古い。
二足歩行(完全でないとはいえ)という意味ではクラタスよりも
アグレッシブな設計といえなくもない。

残念ながら武器腕であるため、格闘戦を行うようなことはできない。
小型の「KID's Walker」の開発もしていて、そちらにはアームを
搭載しているため技術力的に格闘戦やれないということもないはず。

是非挑戦状を送って差し上げろ。
多分受けてくれるに違いないそうに違いない。

2.日立建機 ASTACO


建設用機械であるが、2つのアームを自由自在に振り回せるその様は
まさに格闘用ロボである。

開発者は重度のガンダムオタクであり、放送されているCMでは
ウェイブライダーのような形態に可変して打ち上げられ、
宇宙での作業を行っていた…(本機能は実装されていません)


格闘戦用ではないが、Megabotやクラタス以上の格闘戦能力を
秘めているのではないかと私は思う。

建設機械会社、という縛りがあるがそこを解き放てば…むしろ
是非解き放ってほしいのだが…
それにしても榊原機械とか日立とかパトレイバーに似たような名前
出てきそうな…

アメリカ人どもは忘れずにここにも挑戦状を送ること、いいね。

3.テムザック T-53 援竜


災害時にがれきなどを除去するためのマニピュレータという意味では
比較的アスタコに近い設計コンセプトを持つ。

もともとロボット開発の会社ということもあり、こちらは制御系に
関しては一目置かれる可能性があるかと。
技の援竜 力のアスタコみたいな感じだろうか、極論だけど。
(実際にはアスタコの制御もかなり高レベルだと思う)

援竜が格闘戦を行った場合どうなるか、これはちょっとわからないが
細かい制御で相手の弱点を突く、というようないやらしい存在になる
可能性をすこし感じている。

ある意味アメリカ人のロボにとっては天敵になりうるかもしれない。
でも送れ。挑戦状を送れ。

これらとクラタスで勝ち残りバトルやって生き残ったやつが挑戦…って
どう考えてもアメ公のマシンが凹られる未来しか見えない。


posted by とくがわ at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | まだ見ぬ敵をぶっ飛ばせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする