2016年12月25日

たんぱく質を捻じ曲げろ!#BreakthroughOfTheYear

今やDNAを作るのは簡単ではあるのだけれど、そこから
たんぱく質を作ってさらに立体構造をつくるというのは
非常に大変だったりする。

生物ならシャペロンなどをもちいて立体構造を作るのだけれど、
どうやってそれを作るんだって話で、なかなかハードルが高かった。

バイオインフォマティクスの進歩で立体構造の予測が正確に
できるようになった結果、目的のたんぱく質を作れるようになり、
例えば万能型インフルエンザワクチンの開発が行えるという。

バイオセンサーや環境問題にも使えるようなのだ。
生命が作っているたんぱく質以上の種類のたんぱく質が作れるという
可能性が生まれてきた。

posted by とくがわ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック