2014年10月25日

禁断の社会化学反応 マッドと社会の不協和音 10−4

世の中にはいかがわしいもの、グレーゾーンっていうものが多々ある。
このシリーズでも挙げた常温核融合などもそうだし、グレーどころか
真黒なものだって多い。

グレーなものはともかく、真黒なものなのに騙される人がいるような
ものはどうしたらいいのだろうか。
代表的なものとしては永久機関などが挙げられるだろうか。

明らかにクロなものは自然淘汰されてほしいものなのだけれども、なかなかされない。
これが何故かというとだ、結局人間信じたいものしか信じないという
悲しい性をもっているので、ここに人によっては難解すぎて理解できない
理屈の存在や、間違った理屈に対する盲信が産まれる。

…義務教育じゃねぇから見捨てるしかないんだろうけどさ。
身も蓋もないことを言うと、その盲信しているもの試してみりゃいいんじゃ
ないかと思うわけだ。
試せる場所作って思う存分そこで試してみろよと。
んで思う存分失敗してみたらひょっとしたらうまくいくものもあるんじゃないか。
99%…いや99.99%うまくいかないものしか出てこないだろうけど、
ひょっとしたらこれまでの理屈じゃ説明できないものとか出てくるかもしれない。

そういうマッドサイエンティスト特区作って頭のアレな人を隔離…もとい
思う存分自由にやってもらうというのはいかがだろうか。
もちろん、場所は提供するけど資金の調達とかは自分でやってもらうって
レベルにしないといけないとは思うんだが。

マッドサイエンティスト特区には詐欺師はやってこないと思う。
詐欺師にとっちゃ頭のおかしな人と思われるのはきついからな。

頭のおかしな研究ってなにも素人の理屈のわかっていない人だけが
やってるわけじゃない。
三菱重工の元素転換とかよくやるよと言いたくなるレベルだ。
常温核融合とかなり近い領域だと言えるから、そりゃ普通に考えたら
ありえないだろと思うのだけれど。

マッドサイエンティスト特区の第一区画には企業とか大学のぎりぎりな
研究を中心に入れて、端っこに行けばいくほど現時点で理屈に合わない
研究って判定で。
でもひょっとしたらひょっとするかもしれないんでな。

そういうオルタナティブサイエンスを否定するよりは、思う存分やって
やっぱり駄目だったと明るく気づいてもらう(もしくは死ぬまで気づかない
かもしれないけどそれはそれで)ってのもいいのかもしれない。

さすがに一緒にされたらアレかもしれないが、故笹井芳樹CDB副センター長が
ポートアイランドに建設しようとしていた再生医療都市ってかなりそれに近い
スメルを感じるんだよな。
うっさんくさい企業とかも存在する点も含めて。
…うっさんくさいの中に自分たちが入ってしまうあたりがまた似てるというか…

ただ、マッドサイエンティスト特区の中でうまくいってしまったものが出たら、
莫大な金生み出すことになるのでいろいろ面倒なことになると思う。
うまくいったら特区から出て行ってもらうしかないな。
…もうやだこの特区。

世界を救うようなとんでもないものがここから出てくるといいなぁと思う一方
マッドサイエンティストに救われるような世界はもう滅んじまえと少しだけ
心のどこかで思う。



posted by とくがわ at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッド社会派サイエンティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック