2015年08月14日

夏休みの自由研究が決まらないのは #きっと妖怪のせい

良い子のみんなー、夏休みの宿題は進んでるずらー?
…え?まだやってない?
それは地味にまずいずら。

早めにやっておいたほうがいいのは、夏休み自由研究ずらー。
やっつけだと寂しい内容になってしまうずら。

今からならまだまだ色々面白いことができると思うから、今日から着手するといいと思うずら。
他の宿題もきちんとやるずらよ。
…二学期前日からが本番とかいっちゃいけないずら。

オラが思ういくつか良さそうな自由研究をつらつら書いてみるずら。参考になれば幸いずらー。

1.スプラウトの研究
スプラウトというとなんだかオサレに感じるかもしれないけど、要はもやしずら。
スプラウトにできるものは大豆やブロッコリーもそうだけど、他の種子でも色々できるずら。

基本的には水を浸したろ紙に種を乗せ、乗せた皿をアルミホイルなどで包むずら。
で、比較的温度の低いところで、半日に一度位水を替えてやるずら。
これでもやしになるずらが、種の種類や光の有無、明るさ、水の成分に肥料などを加えるなどで
生育状態がどう変わるか比較できるずら。

10日もあればいろいろ比較できるので、いまからならまだまだ間に合うずら。

2.家庭にあるもので化学反応
ムラサキキャベツの色が酸、アルカリで変わったりするのはご存知だと思うずら。
重曹の水溶液を電気分解して水酸化ナトリウム…は危ないからやめといた方がいいと思うずら。
まぁこれは極端な例ではあるけれど、家庭にあるもので抽出やら化学反応やらさせることはいろいろ
できるわけで、危なくない範囲でいろいろやってみて出すのも悪くないのではないかと思うずら。

もちろん単純にやってみた、というのでは自由研究にならないずら。
そこで組み合わせをお勧めするずら。
例えばアルコール使ってDNA抽出、ってのは割と有名ずら。
ではDNAを水溶液にしてpH測定(ムラサキキャベツで)とか…生物種によってはどう変化するか、とか…
組み合わせ次第で自由研究の名を冠するにふさわしいものになるずらよ。

ケミストリーの教科書やバイオロジーの教科書を片手に家庭のケミカル自由研究も悪くないのでは
ないかと思うずら。

…ところでにぃちゃん、最近は8/31はもう登校日ずら。
その前に宿題終わらせないとアウトずらよ。

もんげー…危うく宿題の締め切り間違えるところだったずら。
良い子のみんなも早めに宿題終わらせるずらよ。

posted by とくがわ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

禁断の果実 甘いかしょっぱいか -5-

それにしても禁断の果実、なんだってこんなものを作ろうとしたのか。
遺伝子を弄るなら別に果実の形式でなくてもいいだろうに。

…ワクチンの研究の中に確か食品をワクチンとして使用するものが
いくつかあったはずである。
例えばこちらの筑波大鎌田研究室ではトマトをキャリアにしたワクチンの
研究がおこなわれている。


注射より安価に大量にワクチンを作成できる、食べることで
ワクチンの抗原を摂取できるので抵抗があまりないなどメリットは
確かにありそうに思える。

それにしたって何だってそんな危険物を…想像するに禁断の果実を
手にするには人間はまだ「早すぎた」んじゃないだろうか。
おそらく禁断の果実を食べ、神のごとくなるには人間には不足している
モノがいろいろあるように思える。

感情にすぐ突き動かされたり、他人より自分を優先したり、食欲や
性欲のコントロールができなかったり…そういったものの制御が出来た
うえで禁断の果実を手に取る、みたいな展開が必要だったのだろうか。

まぁ今更言っても仕方がないのだが。
人間そのものが欠陥品、というより『未完成品』だったのかもしれないなぁ。
完成した人間とやらが支配する地球、自分たちには住みにくそうだが彼らや
他の生物には住みやすい星かもしれない。

posted by とくがわ at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幻想科学厨房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする