2015年04月30日

無料キャンペーン 狂気じゃ世界は救えない

そんなわけで、唐突ですが無料キャンペーンをおっぱじめたいと思います。
今まで読んでみたいな―でもちょっとなーと思っていた皆様、一度お手に
とっていただければと思います。

本日4/30からです。よろしくお願いします。
多分夕方くらいにキャンペーン価格になる予定です。




posted by とくがわ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | KDP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

引きこもりドラゴンたちの沈黙 -6-

ドラゴンの卵ってでかいんだろうなぁ。
卵ってことは親子丼もいけそうだ。
ドラゴン親子丼については今後考えてみたい。

さて、ドラゴンの肉もワニやトカゲ同様比較的あっさりしている
んじゃないか説が通説だが、確かにドラゴンって脂肪が多そうな
イメージはないなぁ。

高い攻撃力を発生させる強大な筋肉、そんな感じである。
オークの体脂肪率考察したらえらいことになったが、ドラゴンなんて
もっと体脂肪率低いんじゃなかろうか。
必要な時にのみその筋力を発揮し、餌を摂取した後は物凄く
ゆっくり消化する。ほとんど動かない。

そんな感じであっさり系の肉+脂肪が少ないってなるとあれだ、
ドラゴンステーキっていうのはビフテキというよりチキンステーキ的な
若干物悲しい味になるのかもしれない。

何でだよ…せっかくのドラゴンステーキなのにあっさり系の味で
しかも脂肪分まで少ないだと…
この悲しみをどうすりゃいいの 誰が僕を救ってくれるのー♪

救ってくれなきゃ自分で何とかするしかないわな。
ならば部位を変えよう。…レバーだ。肝臓だ。
好みはあるかもしれないが、ガッツリ系の味わいが欲しいならば
ドラゴンからはレバーを取って食べるというのがよさそうだ。

心臓とかもいいかもしれないが固そうだ。
やはりここは濃厚な味わいを求めるならレバー一択じゃないだろうか。
世界三大珍味のひとつは鳥のレバーだぜ(ガチョウだけど)


タグ:ドラゴン
posted by とくがわ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幻想科学厨房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

マンモスもどき(韓国産)原材料:アジアゾウ、CRISPR/CAS9…

かつて韓国に、英雄と呼ばれる男がいた。
犬のクローン作製を始めさまざまな研究で成果を上げた。
しかしながら、彼の名声は世界最悪レベルのねつ造で地に落ちた。

それから、10年の歳月がたった…
かつては英雄と呼ばれ、今ではすっかり「あぁ、あの」といわれる男、
ファン・ウソクが次にターゲットにしようとしているのは…マンモスだ。


インドゾウのゲノムと、マンモスの遺体から回収したゲノムを比較する。
遺伝子上の多型を比較するのが手っ取り早いだろう。
差異がある部位をターゲットに、CRISPR/CAS9を用いて変異を挿入する。

マンモスとアジアゾウがどの程度の差異を有するかはわからないが、
かなりの近縁種だとした場合、変異させる多型は数万ですむかもしれない。
アミノ酸変異に限定させれば数千ですませることも可能かもしれないな。
マンモスにしかない遺伝子は挿入しないといけないだろうけど、それ以外は
アジアゾウの遺伝子改変でいけるかもしれない。

…おそらくそれで見た目上はマンモスと呼べるようなものができそうである。
でもそれマンモスって言えるんだろうか。
なんていうかマンモスもどきっていうか、そんな感じな気がする。
エミュレート・マンモスとでも言った方がいいかもしれない。

一方日本で山梨大若山教授が行おうとしているのは、マンモスの
完全なるクローンである。

マンモスの完全な細胞を採取し、採取した細胞からクローンを作成する。
この方法は無理があったらしく現在は確か精子を採取しようとしてたんじゃ
なかったっけ。


ってこれみたらもっとえげつないことやってるぞ若山さん。
16年前に死んだマウスの血液からマウスクローンを作りだした…
人間に例えると恐ろしすぎるぞこれ。

血液さえ採取できればいける、というのかよおっかねぇな。
さしずめこちらはマピュレーティッドマンモスというかアンデッドマンモスと
いうべきか…アンデッドマンモスの方かもしれないなこれは。
こちらのほうは再現できたら完全なマンモスといえ…あぁでも母体と
なるのはアジアゾウだ。

絶滅生物の再生法としては、完全に絶滅した動物に対してはファン教授らの
アプローチもありかも知れないが、それは本物ではないよなぁ。





posted by とくがわ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする