2014年12月25日

ほぼ確定→確定

これまでほぼ確定だったことが確定、といっていい状態になっています。

NHKの本日のニュースや日経サイエンス誌が報じておりますが、
STAP細胞がES細胞であり、かつどの細胞株かまで特定できたとの
ことです。



東大のチームなどがSTR(Short Tandem Repeat:短鎖縦列反復)
配列の繰返し数を調査したところ、全てのSTRが一致する細胞が
あったということで…こりゃもう真っ黒、というより漆黒。

故意の混入以外で一致するなんてことがあるわけないじゃないですか。
これ擁護派どう擁護するんだ?

しかし時間とお金をどぶにぶち込んだなぁ。
日経サイエンスの記者の方によるとどうも文科省の意向もあったとか
ないとか…一体何なんだよ。
posted by とくがわ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ではもうねます

それでは皆様、めりーくりすます。
posted by とくがわ at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だいたい妖怪のせい

今日はクリスマスだ。
そんな状態なのに何連続更新をしているんだろう俺は。

…っはっ!
これはもしや、妖怪の仕業か!

なんだろう、こういうテンプレートの面白さっていうのは。
MMRのキバヤシが「そうだったのか!つまり人類は滅亡する!」
それに対して「なんだってー!!」
とかそういうやつ。これも妖怪のせいか。

というか人間の脳って高性能ではあるんだけど、処理しきれないものに
対しては近似的に解釈することで世界を見ているので、実際の世界と
脳が描く世界ははっきりいって別物なのである。

テンプレートってのは脳が楽できるから一息つけるんだよな。
ゆえに安心できるんで受け入れやすいと。
そればっかりだとマンネリ化するので、緩急は必要であるが。

科学ってやつはその辺をなるべく現実に近づけようとする。
ゆえに時々脳にとってすごい不安な結論を出すんだよな。

理論と脳の感覚が違うってのは、結構受け入れられにくそうである。
サイエンスが時に受け入れられないのはその辺は間違いなくあるな。

脳が間違ってんだよ!っていったって脳の側はそう思い込んでるんだから
どうしょうもない。

だとしたらいっそのこと
「それはだいたい(脳っていう)妖怪のせい
っていってやってしまえばいいのかもしれない。

posted by とくがわ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする